ドイツワインのお召し上がり方

ドイツワインのお召し上がり方と保存方法

ほとんどのドイツワインは、瓶詰め後1〜5年の若いうちにお召し上がりください。
ピチピチとした爽やかな味香(あじこう)が身上です。
ただし、シュペトレーゼアウスレーゼ以上の高級ワインは、瓶熟成をしますので、寿命は10年、20年と長くなります。
貯蔵される場合は、年間を通じて温度変化の少ない暗くて涼しい場所でお願いします。
ワインには結晶の見られるものがありますが、これは酒石(しゅせき)と呼ばれ、異物ではありません。
また、自然絞りのりんごジュースは、果肉が容器内で固形化し沈殿することがありますが、こちらも品質には問題はございませんのでご安心ください。

ドイツのケラーマスターが丹精込めて作り上げた、自然と技の織りなす深い味わいをお楽しみください。

■赤ワイン

基本的には室温と言われる17〜18度ですが、ドイツワインはそれより2〜3度低めでお召し上がりいただくのがおすすめです。
甘口や軽い赤は冷やしてどうぞ。

■白ワイン

冷やし過ぎますと香りが立ち難くなりますので10〜12度でお召し上がりいただくのがおすすめですが、暑い季節はもう少し冷やした方が口当たりがいいでしょう。

■ゼクト(スパークリングワイン)、セコ(弱発泡酒)

10度以下に良く冷やしてお楽しみください。お祝い事や乾杯におすすめです。

■グリューヴァイン

ホットワインです。スパイスや甘みで仕上げています。沸騰しない程度に温めてお召し上がりください。
お好みでレモンを絞っていただくのも良いでしょう

■葡萄ジュース(Traubensaft)

醸造所がワイン用葡萄を使用して作り上げた果汁100%のジュースです。
ドイツではキンダーヴァイン(お子様用ワイン)として人気です。
ワイングラスでいただくとお召し上がりいただくとおしゃれです。

■りんごジュース(Apfelsaft)

100%ドイツ国内のりんごを使用したジュースです。
1リッターのジュースを作るのに14個のりんごを使用して贅沢に作り上げています。
ビタミン、ミネラル、リンゴ酸を充分に含んだ健康飲料としてもドイツで人気です。

■アップルワイン(Apfelwein)

ジュースと同様の作りですが、このアップルワインは、伝統的な製法でほとんど糖分を残していません。
すっきりとした口当たりと辛口の仕上がりは飽きのこない味わいです。
良く冷やしてアップルジュースや炭酸で割っても美味しくお召し上がりいただけます。